Chaseクレジットカードの5/24ルール解説【対象外は?】

Chaseの5/24ルールについて詳しく知りたい。
グリット
そんな要望にお答えします。
アメリカ赴任後、クレジットカードの還元の多さに驚き、クレジットカードにハマる人は多いと思います。
その際に、急に現れる「クレジットカードが作れない壁」、それがChaseの5/24ルールです。
簡単にいうと、24ヶ月以内に5枚以上のクレジットカードを作っていると、Chaseのクレジットカードが作れないというルールです。
Chaseは、アメリカのクレジットカードブランドの中でも、特典が多いので作れなくなってしまうと、かなり残念です。
ぐら
2、3年の駐在だとチャンスも限られるからね。
グリット
Chase限らず、全てのクレジットカードで5枚までなので、かなり厳しいよね。
この記事では、Chaseの5/24ルールについて、詳しく解説していきます。

5/24ルールの対象となるChaseクレジットカード

基本的に、全てのChaseのクレジットカードが、5/24ルールの対象です。

例えば、

  1. Chase Freedom Unlimited
  2. Chase Sapphire Preferred Card
  3. Chase Sapphire Reserve

など、Chaseが前面に出たカードは、当然対象になります。

しかし、それだけではなく、

  1. Southwest Rapid Rewards 系
  2. Starbucks Rewards Visa Card
  3. United Explorer 系
  4. IHG Rewards系

といった、ホテル・店舗・航空会社などとの提携カードも、Chaseの5/24ルールの対象となるので、注意が必要です。

Ad

5/24ルールの対象外となる場合

まず、基本的にはほぼ全ての「個人用」クレジットカードは、5/24ルールにカウントされます。

また、キャピタル・ワン、ディスカバー、TD銀行で作成した「ビジネス用」クレジットカードも5/24ルールにカウントされるようです。

逆を言うと、それ以外のビジネス用クレジットカードは、5/24ルールにカウントされません

ぐら
(ルールは日々変わっているので、注意してください。)

5/24になってしまっている場合には、時既に遅し、ですが、まだの場合は、ビジネスカードを作っても5/24ルールに悪影響がなさそうです。

誰でもビジネスカードを作れるわけではないでしょうが、もし作れる場合は個人カードよりもビジネスカードを率先して作る方が良いでしょう。

ビジネスカードとしては、例えば次のようなものがあります。

5/24ルール以外のChaseクレジットカードの注意点

グリット
5/24ルール以外にも、Chaseのクレジットカードを作る上で、注意する点があります。

それは、頻度高くクレジットカードを作らないことです。

たとえ、24ヶ月以内に5枚作っていなくても、半年以内に3枚などのペースでクレジットカードを作っていると、Chaseクレジットカードに申し込んでも受け入れてもらえないことがあります。

 

Chaseクレジットカードを作ることを想定している場合、年間2、3枚のペースでクレジットスコアを維持していくのが良いでしょう。
また、Chaseのクレジットカードでは、 Chase Sapphire Preferred と Chase Sapphire Reserve の両方を作ることはできないため、どちらかを選ぶ必要があります。
どちらもメリットの多いカードなので、自分に合ったものを選べるようによく調べましょう。
Ad

Chaseの5/24ルールまとめ

以上、この記事では、Chaseクレジットカードの5/24ルールについてまとめました。
アメリカのクレジット攻略の上で、通らずにはいられない道なので、しっかりとメモしておきましょう。
グリット
5/24ルールを既に超えてしまっている!と言う人は、気にせずにメリットの多いAMEX系列のカードを作っていくのも一つの手だね!

 

記事はいかがでしたか?

読んでいただいた方に関心がありそうな広告が表示されます。

<スポンサーリンク>

最新情報をチェックしよう!