IHGの上級会員になれるクレジットカード【アメリカ】

アメリカのクレジットカードでIHG系を攻略したい!

 

セカイキ

この記事は、そんな方に向けて書いています。

アメリカでお得にポイントが貯められるクレジットカードは、大きく分けると次の3タイプに分けることができます。

  1. 総合系(アメックスChaseなど)
  2. 航空マイル系
  3. ホテル系

そして、そのホテル系も有名どころは3種類です。

この記事では、インターコンチネンタルホテルやクラウンプラザホテルなどの「IHG系列」のクレジットカード攻略を解説していきます。

セカイキ
コロナ次第ですが、落ち着いていたら今年の夏はIHGのポイントを利用してクラウンプラザホテルに泊まる予定です!

IHGの会員種類と上級会員

IHGの上級会員は、4つのレベルがあります。

  1. IHGリワーズクラブ会員(通常会員)
  2. ゴールドエリート会員
  3. プラチナエリート会員
  4. スパイアエリート会員

 

ぶた貯金箱
他にも、「インターコンチネンタル アンバサダー」と「キンプトン インナーサークル」、という特定のホテルグループ専門のメンバーカードもありますが、ここでは省略します。

 

IHGリワーズクラブ会員(通常会員)

通常会員には、ホテルに宿泊した時や、ネット(こちら)から登録するだけで簡単になることができます。

通常会員に、まずは登録することで、上級会員になるためのポイントを貯めていくことができます。

ぶた貯金箱
通常会員を飛ばして、クレジットカードを作ることで上級会員になる方法は後半で説明します!

ゴールドエリート会員

一番最初の上級会員レベルが、ゴールドエリート会員です。

セカイキ

ヒルトンでいう、シルバー会員だね!
シルバーがなくて、いきなりゴールドなので注意!

通常の場合、1年間に10泊することで、ゴールドエリート会員になることができます。

ゴールドエリート会員になることで、以下の特典があります。

  • レイトチェックアウト
  • ポイントの有効期限なし
  • 優先チェックイン
  • 宿泊でポイントが10%追加
  • ウェルカムアメニティー
セカイキ
どの特典も、すごくはないけど、地味にありがたいですね!

プラチナエリート会員

プラチナエリート会員になるには、1年間で40泊以上することが必要です。

ぶた貯金箱

1週間に1回くらい泊まらないと至らない計算になるので、普通になるのはかなりハードルが高いですね。

また、インターコンチネンタル・アンバサダー・プログラムの会員になると、IHGのプラチナエリート会員になることができますが、こちらもかなり大変です。

ゴールドエリート会員の特典に加え、プラチナエリート会員には以下の特典があります。

  1. 乗越宿泊特典(エリートステータス必要以上に宿泊した場合、翌年に繰越)
  2. 無料の客室アップグレード
  3. 宿泊でポイントが50%追加

一番大きな特典が、客室のアップグレードでしょう。

ヒルトンやマリオットと同様に、下から2つ目の上級会員になることで、客室をアップグレードしてもらえるという、かなりお得な特典が入ってきます。

スパイアエリート会員

最上級の会員が、スパイアエリート会員です。1年間に75泊以上する必要があり、かつクレジットカードに入会するだけでは達成できない会員です。

プラチナエリート会員の特典に加えて、スパイアエリート会員には以下の特典があります。

  1. 宿泊でポイントが100%追加
  2. ステータス取得時に、追加で特別特典:年間25,000ポイントのボーナス、家族や友人へのプラチナエリートステータスのプレゼント、ハーツゴールドプラスリワーズのファイブスターへのアップグレードなど

IHGの上級会員になれるアメリカのクレジットカード

ここからは、アメリカでクレジットカードを作ることで、IHG上級会員になれるカードを紹介していきます。

IHGの場合は、2つのカードがあり、どちらもChaseのカードです。

  • IHGリワーズクラブ・トラベラー・クレジットカード:年会費無料
  • IHGリワーズクラブ・プレミア・クレジットカード:プラチナ会員

Chaseは、5/24ルールなど、作るハードルが高いので、注意が必要です。

詳しくは、Chaseクレジットカードの5/24ルール解説【対象外は?】の記事でまとめています。

IHGリワーズクラブ・トラベラー・クレジットカード

IHGリワーズクラブ・トラベラー・クレジットカードは、年会費無料のクレジットカードで、作るだけでは上級会員になることはできません。

しかし、1年間で10,000ドルの買い物をすることで、次の年にゴールドエリート会員になることができます。

そのため、次のような方に良いでしょう!

  1. 年会費を払いたくない
  2. クレジットカードで年間10000ドル以上支払いをする
  3. IHG系列をよく使うので、ゴールドエリート特典を有効活用できそう

一方で、ゴールドエリート特典は、プラチナエリート会員に比べると限られているので、年会費を払っても良いという人は、次に紹介するIHGリワーズクラブ・プレミア・クレジットカードの方が良いでしょう。

IHGリワーズクラブ・プレミア・クレジットカード:プラチナ会員

IHGリワーズクラブ・プレミア・クレジットカードを作ると、自動的にプラチナ・エリート資格を得ることができます。

年会費は89ドルしますが、上記にまとめた通り、プラチナ会員になると、客室の無料アップグレード特典があるため、年に2、3回IHG系列のホテルに泊まるだけでもとがとれます。

さらに、期間限定で初年度の年会費無料になっている時もあります。

また、クレジットカードを作り、3ヶ月以内に3000ドル以上利用することで、15,000ポイントと無料宿泊特典がもらえるので、十分に価値があります。

 

アメリカのIHG系クレジットカード攻略まとめ

以上、この記事ではアメリカのIHG系クレジットの攻略についてまとめました。

年会費やどの会員になりたいかの考え方は、人それぞれだと思いますので、ご自分にあったものを選んでみてください!

  1. IHGリワーズクラブ・プレミア 年会費89ドル・プラチナ
  2. IHGリワーズクラブ・トラベラー 年会費無料・年間USD10000利用でゴールド
ぶた貯金箱
個人的には、ホテル系を攻めるなら、ヒルトンが一番お得だと思います!

 

▼他のおすすめ記事もぜひ読んでみてください。

 

 

 

記事はいかがでしたか?

読んでいただいた方に関心がありそうな広告が表示されます。

<スポンサーリンク>

最新情報をチェックしよう!